資料請求・お問合わせ

0556-20-1177

ホーム建都の家づくり建都のつくる家

建都のつくる家

“建都”の社名の由来は、読んで字のごとく「都を建てる。」
この“都”には「お客様にとっての“都(家族が集う温かみのある家)”を建てる」という意味と、「その輪が広がりいずれ本当の“都”になる。」という二つの意味が秘められています。

この夢を叶える為により多くのひとに「永く住まえる良い家」をご提供していきたいと思っております。

「永く住まえる良い家」とは、見た目の華やかさではなく、基礎・構造がしっかりとした家だという信念があります。基礎・構造にこだわり続け、本気で家づくりに取り組んでまいりました。

ひとりひとりのお客様との出会いを大切にし、いつもお客様への感謝の気持ちを忘れず
家づくりに取り組んでおります。

構造のこと

“見えなくなってしまう所だからこそしっかりと造る”

耐震性は家づくりの欠くことのできない条件です。
デザインも大切ですが、“毎日を安全に暮らすことのできる”“家族を守ることのできる”家づくりをしなければならないと考えています。

“建都の家”は“数百年に一度ほど発生する地震により生じる力の1.5倍の力に対して倒壊崩壊しないレベル”つまり、阪神大震災クラスの地震がきてもつぶれない“耐震等級3”を基本に造られています。

快適にくらす

“家本体が健康でなければ、住まう人の健康は保つことができない”

県内でもいち早く高気密・高断熱手がけ、レベルアップを探求し続けています。各種断熱材については性質を十分に理解し施工、換気システムについても建物ごとに必要容量を算定し、結露などがおこらないようにしています。

地域に最適な方法を施工し、温熱環境の最高等級4にてお引渡ししております。

品質にこだわる

“同じ材料を使って、同じお金を出しても同じものは出来ない”

“建都”の家は工場で造られる物ではなく、“人”が分担して造っています。
どんなにすばらしい材料、どんなに便利な機器を使おうと正確な施行なしに“いい家”にはなりません。

“建都”では全棟徹底した検査のもと正確な施工を行い、お引き渡しをしています。

建都の建てた家を見てみる

  • 施工実例
  • モニターハウス