資料請求・お問合わせ

0556-20-1177

ホーム私たちが建ててます

私たちが建ててます

きびしい指摘の中でも“建都の家”を造ってくれている原動力。
個性あふれる建都の職人さんに、仕事のこと、建都のことなどインタビューしてみました。

中村友光・二宮新二大工

真剣だった。自分たちよりもずっと真剣。

はじめて建都の仕事をしたとき、自分たちのほうが仕事に対して真剣だろ?なんて考えながら現場へ向かったんだ。
でも建都は自分たちよりも、もっともっと真剣だった。

建都の家は、材料を切ったり削ったり、ノミで彫ったりする昔ながらの工法だから、自分たちの技術も活かせるしやりがいがある。
ただ古いだけじゃなくて、新しい技術や材料も積極的に取り入れてるのもいいよね。

深沢忠弘内装工事

内装は目につくところだから気を使う
やっぱり、お客さんに満足してもらいたいからね

内装は目につくところだから気を使うよ。
でも、仕上がりをお客さんが見ときに「きれいになったね。」といってもらえたら嬉しいよね。

現場で施主さんにも会うことがあるんだけど、前に建都で建てたお客さんからの紹介のお客さんが多いみたいなんだよね、良い営業スタッフがいるのかな?
本当に良いと思ってなかったら、紹介なんてできないもんね

徳永亨大工

やっぱりお客さんに喜んでもらえるのが一番嬉しいよね

お客さんに喜んでもらえるのが一番だよね。だからえっから加減な仕事なんてできない。

建都の職人は横のつながりがとれてるからすごく仕事がしやすい。
余計なところに気を使わなくていいから、いい家づくりに集中できる。

職人も集めて勉強会をやったり、仕事に対する真剣な姿勢がみんなに伝わるから、いい関係ができあがるのかな。

内藤博文・早川大地上下水道工事

床下をここまできれいにするところは
そうそうないですよ

はじめて建都の現場にきて、まず驚いたのが現場がきれいなこと。
床下をここまできれいにしているところは、他にないですよ。

仕事に対しては厳しいけど、お客さんのことを考えたら当たり前のことですよね。

田貝明生大工

えーっ、こんなところまで見るの?
って驚くくらい細かいよ

建都の現場で驚いたのが、とにかく細かいところまで見る。
えーっ、こんなところまで見るの?って最初は驚いたんだけど、それくらいお客さんのこと考えてるんだよね。

まあ、仕上がった家をお客さんに喜んでもらいたいから、ありがたい指摘かな。

建都の建てた家を見てみる

  • 施工実例
  • モニターハウス